湿度76%の暑さを忘れる?!賢い日中の過ごし方


 

 

美の先導師、橘 亜美です。
ビューティーベーシックにお越しいただきまして、ありがとうございます。

 

タイ旅行記、まだまだ続きますよ。

 

 

 

一度目に行った時にまず驚いたのは、

 

 

日差しの強さ

 

 

でした。

 

 

なめていたわけではなのですが、韓国の夏も日差しが痛いほどかなり強めですので、

対処方法は分かっていたのですが、色々なところに出向いていく、というところは

同じとはいえ、勝手知ったる韓国と、初めてのところに出向くタイの街というところ

では、エラい違うという誤算がありました。

 

 

寺院や野外ショッピングをした時の日差しの防ぎ方が甘く、一時的にお肌の状態が

よくなく、1か月ほどケアに苦労がありました。

あれだけ日焼け止めクリームをマメに塗ったのに。。。

 

 

 

 

何しろ荒れる、キメが整わない、などの問題が起こり、改めて日差しの怖さを感じました。

 

 

ただお肌は28日周期、1か月たつと落ち着いてきます。

ちゃんと生まれ変わっているんですね~。

 

 

そんなことを感じながらケアにいそしんでいました。

 

 

 

 

そして、2回目から絶対にそんなことにはならないようにと、色々策を練っていきましたよ。

 

 

 

 

 

 

<ホテルをうまく活用する>

今回はかなりホテルの施設を活用しました。

韓国へ行くと、寝る以外ホテルにはいないものですが、暑さを避けてということを考えると、

ホテルでの楽しみ方を多く知っていると、とても充実します。

 

 

~プールサイド~

その中の一つとしてオススメなのが、プールですね。

 

宿泊者は気軽にプールを楽しむことができるのですが、何しろ外は灼熱の暑さですから

気持ちがいいのです。

 

泳ぐのもいいですが、日陰のプールサイドで寝転がりゆっくりした時間をもつ。

時には、プールのバーで注文して楽しむ。

 

日常から離れていることを実感し、リラックスTimeを持つ。いいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~ホテルサービス~

プールもホテルのサービスの一つに入るかもしれませんが、ホテルのサービスを

色々活用することもいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、シェラトンホテルに泊まってみたのですが、プランを適用して

ルームサービスを拡充する、アフタヌーンドリンクサービスなど、色々用意が

ありました。

 

 

 

 

 

 

今回は、ルームサービスで飲んだり、フロントロビーで飲んだり、暑い外に

出る前のホテルを沢山利用して、楽しみました。

 

 

 

 

~癒しプランを入れる(マッサージ)~

お店自体のレポはまた別途お送りしたいですが、マッサージをうけるという手も

いいと思います。

 

ランチ前の空腹時や、日差しが一番強い午後の時間を使って癒されるのがいいですね。

反対に、泊まっているホテルのSPAは、そのままベッドに直行できますから、なるべく

夜に入れるというのも一つの手だと思います。

 

 

いかがでしょうか?

日中を楽しく過ごす方法が、タイにはたくさんあるので、実践して日焼けを防いで

くださいね。