韓方 de 温活


 

美の先導師、橘 亜美です。
ビューティーベーシックにお越しいただきまして、ありがとうございます。

 

 

 

1月にソウルへ行ったときに、お伺いしたキムソヒョン韓方クリニック

 

 

 

 

 

 

相変わらずお美しい院長先生にお会いしました。

その際に、とても興味深いお話をお聞きしたので、貴方にも共有したく。

 

 

 

 

 

~温活プロダクトをご紹介いただきました~

 

先生は女性疾患が専門の韓方医ですので、常に「カラダの冷え」について警鐘を鳴らしています。

私も、ビューティー講座や美養生講座などで「温め」や「巡り」についてお話をしますが、
女性にとってとても大事なことですね。

 

今回、日本にいながら実現できる温活プロダクトをご紹介いただいたんです。
お聞きしながら、とても心がワクワクしました!

では具体的にご紹介ますよ。

 

 

 

 

大きくは2種類

 

 

 

 

とても素敵な箱に入った韓方茶です。種類は4つ。

一つ一つ説明を受けましたので、お話していきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、こちらが、子宮に直接作用させることができるオーガニック韓方オイル
こういうものが欲しかった!

 

 

 

 

 

~年齢を重ねると、冷えが進むのはなぜ?!~

 

年齢を重ねていくと、卵巣機能の低下によってエストロゲン(女性ホルモン)が急激に減少

してしまうと言われています。

 

エストロゲンの分泌は脳の「視床下部」という場所が司令塔の役目を担っていて、卵巣から

エストロゲンがきちんと分泌されているか、フィードバックを受けています。

 

 

視床下部の司令どおりに卵巣からホルモンが分泌されているうちはいいのですが、

年齢と共に卵巣の機能が低下してくると、視床下部が一生懸命司令を出しても、卵巣からの

分泌がうまくいきません。すると、視床下部が混乱してしまいます。

 

 

 

実は、この視床下部はホルモンの調整役であると同時に、自律神経を調整する働きもしています。

 

 

自律神経は、血管を収縮させたり発汗を促す緊張系の神経である交換神経と、血管を拡張させ

汗を抑えるリラックス系の副交感神経があります。この自律神経のバランスが崩れると、

体温調節がうまくいかなくなり、そのために冷えが起こります。

 

 

ただし、若いころから冷え性だった人は、年齢を重ねていくごとにさらに悪化する傾向があるので

注意が必要です。

 

怖いですね。

 

 

 

 

 

~実は、感じていた種類の違う冷え~

 

今年の冬からなのですが、カラダの冷え方が今までの「ただの寒がりの冷え」ではない

カラダの変化を感じていました。
“種類の違う冷え” とでもいうのでしょうか。

 

本来は、そんなことを感じる前から対処できればよかったのですが、突然今年からやってきたので、

個人的にもどうしたらいいものかと悩んでいたんです。

 

 

 

そこに女性疾患専門のキムソヒョン先生から託された温活プロダクト。

次回から詳しくご紹介していきますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

:+* ゚ ゜゚ *+::+* ゚ ゜゚ *+::+* ゚ ゜゚ *+::+* ゚ ゜゚ *+::+* ゚ ゜゚*+

  実力派クリニックコスメが勢ぞろい♪

  コスメ通販 “ハッピーセレクト” :http://ami-select.shop/

:+* ゚ ゜゚ *+::+* ゚ ゜゚ *+::+* ゚ ゜゚ *+::+* ゚ ゜゚ *+::+* ゚ ゜゚*+