陰陽五行の健康法


 

美の先導師、橘亜美です(#^^#)

ビューティーベーシックにお越しいただきまして、ありがとうございます。

 

今日も学びのご報告です。

 

 

 

青山学院大学青山キャンパスにて、

 

陰陽五行の健康法

 

というテーマのシンポジウムに参加いたしました。

 

公益社団法人日本易学連合会さんが主催です。

 

 

 

o0800048413478645489

 

 

 

結論から先にお伝えしますと、想像していた内容からは少々違ったのですが、素晴らしいお話を

お聞きできました。

 

 

 

なんといっても、パネラーの方々。

その業界の重鎮が結集した、といったところですが、内容はもちろんいたって真面目なもの。

貴重なお話をお聞きできました。

 

 

 

まず一番初めにご紹介したいのは、医学博士の帯津良一先生。

 

家庭画報の有名な連載はもちろん、日本ホリスティック医学協会会長、日本ホメオパシー医学会

理事長なども務められている方です。

 

西洋医学に中国医学や代替療法を取り入れる統合医療を、名誉会長をご自身の病院で実践されて

いらっしゃいます。

 

 

テーマは『体と心といのち』

 

感激しながらお聞きしていましたが、お話の後半は治療に専念される患者さんへのこころ、

精神的なケアの話までおよび、人間の尊厳という部分にも踏み込んだ内容となりました。

 

 

 

 

そして、パネルディスカッションでは、少林寺第34代最高市販に推挙された秦 西平先生、

スリランカでナショナル・アワード(国民栄誉賞)の称号を授与された、インド音楽・音楽療法を

推進されるプレーマダーサ・ヘーゴダ先生。そして帯津先生というセッション。

 

内容は、「医易同源 陰陽五行の健康法」

 

それぞれのお国の事情を知ることができ、そして日本の医療の現状についても知ることができる

大変貴重な機会となりました。

 

 

 

 

恥ずかしながら、帯津先生と一言でも会話させていただきたいと思い、挨拶をしました。

(韓国の韓方の学びと普及を目的とした一般社団法人について少々ご説明したところ)、

「この辺では、韓国が一番進んでいるよ。」

と一言申されました。

 

帯津先生も「韓方」に注目されていることが分かりました。

 

 

 

 

そして、陰陽五行とは別のお話。

この頃私は、地方創成という部分で、企業様のお手伝いもしているのですが、その部分にも

関わるお話もお聞きできました。

青山学院大学 経営学教授の玉木欣也先生です。

 

オリンピックを迎えるにあたり、日本で立ち遅れている国際的対応についてのお話で、国対応のもの、

地方主導対応のもの、大変分かりやすい内容でうなづける部分も多々ありました。

こちらをお聞きできたのも、私にとっては大変意義のあるものでした。

 

 

 

 

最後になりましたが、このシンポジウムは、つい最近一緒に講座を開催しましたトニー黒田さんの

ご紹介で参加できました。

 

トニーさん、この場をお借りしお誘いいただいたことを感謝します。

そして、秦 西平先生という素晴らしい先生が彼の気功のお師匠様だとのことで、以前から

興味のあった気功をやはり習いに行きたいな、と思ったのでした。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)