リモート治療と自助努力(第9話)


 

 

美の先導師、橘亜美です(#^^#)
ビューティーベーシックにお越しいただきまして、ありがとうございます。

 

 

2泊3日の韓国での入院生活を終え、無事帰国しました。

 

短期間で立て続けに施術をして頂いたため、疲れと安どが入り混じった感じだったと記憶

しています。

なにか体の変化があったと強く感じるものはなく、またここから始まることに気が引き締まる

思いでした。

 

 

そうです、2泊3日入院したからといって、これで体質改善ができたわけではないです。

体質を改善できる体の土台は作っていただきましたので、ここからさらに努力が必要です。

 

 

 

★ ハンバンメソッド ★

前回からの繰り返しになりますが、以下についてはとても丁寧に教えていただきました。

 

 

・食前に飲む韓方薬について
・丸薬について
・食事のとり方について
・運動方法について

 

 

挿し絵などもはいった分かりやすい資料をいただき説明もいたことと、質問にも丁寧に返答

頂いたので、ある程度理解して帰国することができました。

 

 

 

 

食前に飲む韓方薬と丸薬については、1か月分をスーツケースに入れて持って帰りました。

 

特に韓方薬については、液体ですので、1か月分は重い重い!

しかし施術をした直後ですから、毎日飲まないと意味がありません
(正直申し上げて、美味しくないです)

 

 

 

さて、韓国に入院してまで体質の改善を試みましたので、帰国してからも、更に努力は続きました。

 

教えられたとおりの韓方薬、丸薬の摂取、食事方法の実践、運動は一人では継続することが

到底難しそうなことから、パーソナルジムへ週1回必ず通う。

 

今でこそパーソナルジムはポピュラーですが、私が通ったころというのはマッチョな筋肉

作りをするお兄さんや忙しい社長さん、そしてモデルさん、タレントさんなどが中心でした。

まだまだ普通に利用するという人は少なかったように思います。

 

その証拠に、私は麻布十番のあるジムに通っていたのですが、そこにはあの浜〇あゆみもいました。

入り口で会ったときはそのオーラたるもの、やはり一般人とは違いました。

 

 

 

教えていただいたことを、まずは忠実に守っていきたい、と思い続けます。

 

時々体の変化についてはメールでのやり取りを長らく続けました。

とても丁寧に返してくださったおかげで、病院側も私の状態を正確に把握してもらえました。

 

 

Online diagnosis, online medical services

 

 

 

しかし思い返せば、今となってはあまり目新しくもないですが、リモートでの支援をこの時

すでに実践したんですよね。

 

自分の事ながら、結構進んだことをしたな!と思いました。

 

 

 

 

今回、韓国での治療を選択したことで、施術はもちろんこの帰国後の指導内容なども含め、

韓国のハンバンメソッドをたっぷり浴びながらの生活を続けることができました。

 

 

 

 

 

★ 丸薬の力 ★

 

この時、特にスゴイと思ったのは、丸薬です。

 

小さくてゴツゴツした粒を30粒くらい飲むのですが(結構量が多くて大変です)、この丸薬は

全ての栄養が入っているので、食事替わりでも問題ない、と言われたことです。

 

 

 

 

 

こんな小さな丸薬に栄養が全て詰め込まれているだなんて、にわかには信じられませんでした。

 

そのため、1食を抜いても問題ない、但し空腹が辛いだろうから食べてもいいけど少なめに

食べること

 

と指導を受けました。

 

 

 

説明の通り、この丸薬だけだとかなり空腹になります。

 

置き換えダイエットは結局せず、プラスで食事を摂りましたが、極力減らすよう努力しました。

 

 

 

 

あと、ダイエットをしている時のあるあるですが、体力が多少落ちているところに運動をするので、

風邪を引きやすくなるのです。

 

 

そうなると、進めることも進められなくなるので、風邪にはとても気を付けました。

 

 

しかし代謝がどんどん上がってくるのを感じていたため、風邪も引くことなく計画を実行していけます。

 

 

あとは、モチベーションを保つために、携帯電話のアプリを使って、体重管理をするように

しました。

 

 

 

出来ることは、何でもやってみる、そういう気持ちで向かっていたのを覚えています。

 

 

 

 

 

そうこうしているうちに、帰国して早くも1か月が過ぎようとしていました。

(次へ続く)