茶具博物館で作法体験(その2)


 

美の先導師、橘亜美です(#^^#)

ビューティーベーシックにお越しいただきまして、ありがとうございます。

 

前回に引き続き、茶具博物館についてのご報告です!

 

 

 

 

実際の作法を習うときですが、洋服の上から着れる韓服試着サービスがあり、選びます。

外国人にとっては嬉しいサービスですね!

 

そして、作法を習うために着席します。

 

 

P1020994

 

 

 

着席のところから、日本と違うなと思ったのは、

 

入口からお部屋向かって奥の席がおもてなしをする側、手前がお客様

 

なんですね。

 

後ほど、交代しましたので、おもてなし側とお客様、どちらも体験することができました。

 

 

 

 

茶具を使用する準備をして

 

P1020993

 

 

茶器を温め注ぎます

 

P1020960

 

 

お客様に飲んでいただき、茶器のやりとりをします。

 

 

 

やはり、先生の手さばきはとても優雅で美しいものですが、やり慣れていないとぎこちないものになり、

数分の動作なのですが難しいと感じました。

 

しかし、お茶を丁寧にお入れして飲んでいただく、という精神面については、我々日本人にも大変共有

できるものとして捉えることができました。

 

 

お味はというと、日本の緑茶に近いものでした。

味は薄味、爽やかな香りです。

 

 

 

 

 

 

その後、茶食(タシク)を作ります。

韓国の伝統菓子であり、お茶うけとして食べるものです。

 

 

茶食は以前、一度作ったことがあるのですが、大変難しいです。

特に材料とはちみつ等混ぜ合わせ、ツヤが出るまで練りこんでいく作業は、単純ながらなかなか

慣れていないと上手くできないものです。

 

 

 

こちらでは、すでに混ぜ合わせたものを形作るところからやりますよ。

茶食用の型に、入れていきます。

 

P1030014

 

 

この作業が、単純ながらとても夢中になります。

みんなで分担して作っていくのがいいですね!

 

型にしっかり入れたら、型を浮かせてお皿に盛り付け、茶食の出来上がり。

 

P1030015

 

 

何度も型入れを繰り返し、沢山茶食を作りました!

 

 

 

P1020790

 

 

キレイですね~。

 

 

食べてみると、味がとてもまろやか。

今まで知っている茶食とはちがう感じがします。何ででしょうか?

 

 

 

それもそのはず。

 

 

お聞きしたところ、茶食の素の粉に入れているのがハチミツだけでなく、色々お入れしている、とのこと。

 

それは、企業秘密だそうで、全部お教えいただけませんでしたが、茶食を作るうえで構成している材料が

少ないからこそ、口でダイレクトにその違い分かった瞬間でもありました。

とても美味しかったです!

 

 

以上、作法を今日はご紹介しましたがいかがでしたか?

 

 

 

日本も茶道がありますので、「こうするんだろうな?」というのは分かるのですが、やはり

少しずつやり方や手の作法が違うなと思いました。

(補足:私は日本の茶道作法をちゃんと習ったことがないため、感覚的な感想です)

 

 

実は、こちらの博物館のお話、まだ続きがあります(#^^#)

 

大変素晴らしい韓方茶を作られているので、皆さんにもご紹介したいと思います!

次回をお楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)